« プロ野球開幕 | トップページ | 次の地震に備えて »

2011年4月12日 (火)

贈与税を知らなくて贈与してしまった。

税務相談でよくあるケースですね。
一般の人は、人にものを贈与したら贈与税が課税されるて思い
ませんね。

しかし、税務当局では、特に、不動産の名義が換わると分かります。

では、そのようなときにどうすれば贈与税が課税されないの
でしょうか。 不動産の錯誤の登記をすると良いのです。

税務署も優しい面があるなぁと。適用は、専門家に相談して下さい。

===========================
「名義変更等が行われた後にその取消し等があった場合の贈与税
の取扱いについて」通達の運用について

(合意解除等による贈与の取消しがあった場合の特例)
4 通達「11」により、贈与契約が合意により取り消され、又は解除
された場合においても、原則として、当該贈与契約に係る財産の
価額は、贈与税の課税価格に算入するのであるが、当事者の合意
による取消し又は解除が次に掲げる事由のいずれにも該当して
いるときは、税務署長において当該贈与契約に係る財産の価額
を贈与税の課税価格に算入することが著しく負担の公平を害する
結果となると認める場合に限り、当該贈与はなかったものとして
取り扱うことができるものとする。
(1) 贈与契約の取消し又は解除が当該贈与のあった日の属する
年分の贈与税の申告書の提出期限までに行われたものであり、
かつ、その取消し又は解除されたことが当該贈与に係る財産の
名義を変更したこと等により確認できること。
(2) 贈与契約に係る財産が、受贈者によって処分され、若しくは
担保物件その他の財産権の目的とされ、又は受贈者の租税
その他の債務に関して差押えその他の処分の目的とされて
いないこと。
(3) 当該贈与契約に係る財産について贈与者又は受贈者が
譲渡所得又は非課税貯蓄等に関する所得税その他の租税の申告
又は届出をしていないこと。
(4) 当該贈与契約に係る財産の受贈者が当該財産の果実を収受
していないこと、
又は収受している場合には、その果実を贈与者に引き渡している
こと。
===========================

|

« プロ野球開幕 | トップページ | 次の地震に備えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/39581546

この記事へのトラックバック一覧です: 贈与税を知らなくて贈与してしまった。:

« プロ野球開幕 | トップページ | 次の地震に備えて »