« 震災地からの報告 | トップページ | 金融機関からの電話 »

2011年4月15日 (金)

専門家の発言

数々の発言が今回の原発事故ではありますね。

私が信用している大前研一さんのメルマガからです。
冷静な対応が必要なレベルですね。

-----------------------------------------------
先に避難勧告を出すべきだと言った500ミリシーベルトの放射線量
とは、 1年間外で放射線を浴び続けたとして、それを原因として
発がんする確率が たとえて言えば、「1万人に1人」から「1万人
に2人」になるというレベル です。

 おそらく毎日2箱~3箱喫煙する場合の方が、よほど肺がんに
なる確率は高いでしょう。

 このような事実を私たちが認識しているという前提で「どうしても
 帰宅したい人は、自分でリスクを知った上で自主的に行動して
ください」 という米国型の方法もありかもしれません。

|

« 震災地からの報告 | トップページ | 金融機関からの電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/39619309

この記事へのトラックバック一覧です: 専門家の発言:

« 震災地からの報告 | トップページ | 金融機関からの電話 »