« 銀行保証料 | トップページ | 早起きは三文の得 »

2011年5月21日 (土)

キャシュフロー経営ー2

キャシュフローは一般に3つに区分けされます。

営業キャシュフロー
投資キャシュフロー
財務キャシュフロー

営業キャシュフローとは、最も重要で「本業ビジネス」で稼ぐ
キャシュフローです。 
みなさんご存知の通り当期利益(当月利益)
に減価償却をプラスして、未収未払の増減を加減算します。

ここに、一般業種なら「在庫の増減」という大きな数字が
影響されます。これがないだけ大家業はいいですね。

キャシュフローとは、現金および預金です。定期預金も含まれます。
中小企業はこの程度で十分ですね。

経理を預金通帳に総て記帳するようにしてあれば、預金残高ということ
になります。 ですから、生活と不動産所得の通帳は分ける必要が
あるのですね。

また、物件ごとに通帳を分ければ、稼ぐ物件が直ぐ分かりますね。

|

« 銀行保証料 | トップページ | 早起きは三文の得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/40068019

この記事へのトラックバック一覧です: キャシュフロー経営ー2:

« 銀行保証料 | トップページ | 早起きは三文の得 »