« ボランティア | トップページ | 友達 »

2011年5月14日 (土)

大家と車

メルマガで不動産投資と車の節税関係を読みました。

ベンツを取上げていましたが、今は陳腐化ですね。
やはりフェラリーは今も昔も価値が下がらない車でしょうし、
ファンがいます。

注意するポイントとして
次の下取り時には、下取り価額と帳簿価額の差額は利益
になると言うことを上げていました。

もう一つ注意することは
税務署は、外車嫌いです。不動産事業と高級外車の因果関係
を彼らに分かるように説明できるか。 物件見廻りに使うなら
軽でもOKですから。

それと消費税の課税業者になってします。
高級車なら中古でも2000万円以上。これが下取りで課税売上に
なってしまう。 もちろん、繰り返すことにより新たな取得による
課税仕入も生れますが。 ポイントは課税事業者になってしまう
ことですね。

高級外車は、経費としての節税対策でなく、家事費として
趣味で思う存分楽しむことを私ならアドバイスしますが・・・・。

|

« ボランティア | トップページ | 友達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/39982063

この記事へのトラックバック一覧です: 大家と車:

« ボランティア | トップページ | 友達 »