« Kappa土器屋 | トップページ | おめでとう!2000本安打 »

2011年5月 6日 (金)

暗殺

ビンラディン氏の暗殺?のニュースが世界を回っています。

米国民は、大概に「やったぜ!」でわいています。

一方、イスラム諸国では、米国に対する不信感が増した反応。

しかし、暗殺の実況のようなニュースも出てきて、やはり、米国は
民主主義の国だと思いました。

米国としては、一つの区切りでしょう。9.11事件に対しては、
かなり頭に来ていましたから、やむおえません。

誰が正しくて、誰が悪いとは言えないことが今回の流れ。
最低限、やはり、暴力は何ら解決の手段にはならない。という
当たり前の結論ですね。

軍備防衛は、必要です。ただし、それを道具として侵略はだめ。

ですね。

パキスタンは、主権が侵害されたと抗議しています。

これも当たり前です。我が国政府のような、尖閣・竹島・上空侵犯
を繰り返す隣国に、震災の支援をして戴いているので、という
理由で何ら表向きの抗議しない政府とは違いますね。

今回の結論も自国政府批判で終わりか、情けない・・。


|

« Kappa土器屋 | トップページ | おめでとう!2000本安打 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/39879547

この記事へのトラックバック一覧です: 暗殺:

« Kappa土器屋 | トップページ | おめでとう!2000本安打 »