« 資産税研究会 | トップページ | 国際離婚で問題のハーグ条約 »

2011年7月 8日 (金)

平成 24 年分の所得税から適用~通勤手当の非課税

さりげない改正ですが、影響はかなりありますね。
通勤距離15㎞以上~20㎞未満で11300円

ただし、他の公共交通機関の定期券相当でも可能。
このただしが無くなります。

103万・130万(扶養者判定の所得税・社会保険)の金額に
影響ありですね。

========================================


Ⅲ 平成 23 年度の改正事項のうち、平成 24 年分の所得税から
適用される主なもの
~略

4 交通用具使用者の通勤手当の非課税(所法9)について、交通用具
使用者が交通機関を利用するとした場合に負担することとなる運賃
相当額まで非課税限度額を上乗せする特例が廃止され、
通勤手当が非課税限度額を超える場合には、その非課税限度額を
超える金額に所得税が課されることとされました。
《適用関係》この改正は、平成 24 年1月1日以後に受けるべき通勤手当について適用されます
(改正所令附則3)。

|

« 資産税研究会 | トップページ | 国際離婚で問題のハーグ条約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/40726711

この記事へのトラックバック一覧です: 平成 24 年分の所得税から適用~通勤手当の非課税:

« 資産税研究会 | トップページ | 国際離婚で問題のハーグ条約 »