« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

親の土地の所在を把握していますか?

 総ての親が自らの不動産の所在を子供とか相続人に
教えていません。

では、どのようにして親の不動産の把握をしたら良いか
①名寄せ帳
②固定資産税納付計算書


この二つが頭に浮かびますが、注意点もあります。
・共有物件ですと、筆頭者に丸められて載ってこない。
・固定資産税が非課税(公共施設用地)なんて場合もあります。

所在地が分かれば、その役所に申請すれば名寄せ帳は
戴けます。

やはり、一番良いのは、不動産一覧表を作成して、もしもの時は、
相続人が困らないようにしておくべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

ラストマネー楽しみに観ています。

NHKの『ラストマネー 愛の値段』を観ています。
http://www.nhk.or.jp/drama10/money/

今回のテーマは「相続放棄と生命保険金」。 
なんて書くと堅苦しいですが、皆さんがよく勘違いされている
ことですね。

多額の借金をしている方の相続人が借金を返すのが嫌で
相続を放棄すると生命保険金ももらえないのではないか
思ってしまい。 受取人を相続人以外にするということです。

これは、間違った知識ですが、よくある間違いです。
それは、法律的には、受取保険金は、相続財産ではなく
相続人固有の財産だからです。 受け取れるのです。

本当に借金が多額になり、その後の生活もままならない相続人
にとっては、生命保険金は有難いものです。 知識として覚えて
置きたいことですね。

PS
ただし、借りたものは返す。 これは、社会人としては当たり前の
ことですので、守りたいですね。

 家賃も借りたら払う。 当然な行為。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

ユニクロの女性経理ウーマン

昨日は、静岡商工会議所の『創業&技術アイデア展』に、行きました。

メインは、「ユニクロで学んだ巻き込み仕事術」講師 田中総研 代表
田中雅子さんです。
33


彼女は、慶応大学・大学院卒で法学博士・経営博士を取られている
才女です。 浜松市の出身。

ユニクロの経理部門を柳井社長に頼まれて2009年まで頑張った
ことの内容でした。
①前始末
 土日が勝負
 日曜の夜から月曜日に翌週の目標
 木曜日には、全社員(パートさんまで)目標数値を知っている
②100%の徹底力
 天気が悪かったなどの言訳はしない
③走りながら考える
 さすがに現在は、夜19:00には消灯
④発信者責任主義
 提案者は、自分の情報に責任を持ちみんなに速やかに分からせる
⑤一緒になって考える
 正に、個の力をチームの力で乗り越える

柳井社長
・小学生でも分かる言葉で説明
・相手の時間コストも考えたプレゼン(3分以内)
・常に考える、飲み会も余り参加せず経営のことを考える人のようです。

管理職も店舗に出向く、特に繁忙期には手伝う。
入社後三ヶ月は現場の手伝いだったそうです。

秘訣:
在庫売り切り戦略
高原価(良いもの)
高営業利益(10%)
経理部門が他社より少ない20名足らず(店舗数800以上)
成長しなければ死あるのみ
(2011年の年頭経営方針は「Dead or Alive」生きるか死ぬか)

34


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

法人なりの意義

 不動産経営で、法人なりする意味は、節税対策だと言われて
います。 基本はそうですね。 大会社でも無ければ、法人で
不動産投資で儲けようなんて余り考えませんから。 

法人成りでの論点として
①不動産管理法人
②不動産転貸法人
③不動産所有法人

が考えられます。

 節税・相続分割対策なら③の不動産所有法人が最も適して
いると思います。

しかし、とりあえず、名義変更とか煩わしいので①、②とかの
管理型にするケースが多いですね。

問題は「管理料」の設定です。 税務署も個々の設定に興味を
持っています。 他の管理会社に丸投げの場合、高額設定は
難しくなります。

最近の国税庁・財務省の考え方は、資産家に増税路線なので
税務調査も結構増えています。 しっかりした契約書の整備、
管理料の設定根拠も示せるようにしておく必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

海外不動産と税金

 円高は、大変だということになっています。しかし、輸入業者・
海外旅行などは、恩恵を受けています。

そこで、海外不動産に興味を持つ方も多いかと思います。
そして、どこの国にも税金があります。

国税庁も国際化の流れと海外を利用した節税・脱税が増えて
いますので、国際取引の担当部署を充実させています。

注意ポイント
・PE(その国に恒久的施設がある。)かどうかが、
 どの国にでも問われます。
・その国の税制が優先されます。
 日本では、PEが無ければ、20%の
 源泉徴収課税となり、あとで、確定申告で精算です。
・日本と租税条約を結んでいる国かどうか
 二重課税が回避できますね。 ほとんどのアジア・欧米諸国とは
 結んでいます。

======================

4. 不動産所得に対する課税
(1) 不動産所得課税の原則
 不動産所得とは、不動産の貸付けから生ずる所得をいう。
具体的には、不動産の直接使用、賃貸その他のすべての形式
による使用から生ずる所得とされている。
なお、不動産の譲渡についての課税関係は、キャピタル・ゲイン
条項の定めによる。

(2) 不動産の定義
 わが国が締結している租税条約では、不動産の定義については、
OECDモデル条約の場合と同様に当該不動産が存在する締約国の
法令によるものとされている。わが国の国内法上不動産とは、土地
及びその定着物をいうものとされ、通常土地及び建物がこれに該当
する。ただし、船舶又は航空機の貸付けによって生ずる所得も、
国内法上は不動産所得の場合と同様の課税方式が採られているが、
条約上は船舶及び航空機の貸付けによって生ずる所得は、不動産
所得の場合とは別個のものとしてその課税関係が規定されている。

(3) わが国における課税関係
 わが国に恒久的施設を有しない非居住者又は外国法人がわが国
において不動産を所有し、これを賃貸している場合には、その賃借人
は、その賃借料について原則として20%の税率による源泉徴収を行う
こととされている。
 したがって、賃貸人はまず、20%の税率による源泉徴収による納税
が必要とされるが、確定申告書の提出により、最終的な所得税額
又は法人税額を算定し、この税額から上記の納税済みの源泉徴収
税額を控除することになる。控除しきれない額は還付されることに
なる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

観光立国ジャパン

 報道2011でシンガポールのMICE政策のことを
取上げていました。

シンガポールも省資源の国ですが、金融・トランジットとしては、
すばらしい都市です。

観光収入の40%がビジネスマンということは、展示会・国際会議
などを多く手がけているということですね。

屋上にプールを持つ複合ビルは驚きですね。一度行ってみたい。

一般観光客よりビジネスマンの方がお金を落とすそうです。

大阪府知事の橋本氏、東京都副知事の猪瀬氏が出演していました。
これら政策のアイディアマンの意見を尊重して、スピードアップで
お願いしたい。 

民主党の事業仕分でこの「MICEジャパン」の予算4億円をばっさり
切ったそうです。 こんな政府要らない・・。 どの政権でも良いから
成長戦略を確立して欲しいですね。

http://www.travelvision.jp/html/mice/2008/market/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

経営塾②

 今回のテーマは「元気印企業に学ぶこれからの経営戦略」
と題して、法政大学院の坂本光司教授講師でした。

①日本の260万社の75.5%が赤字会社
 赤字総額がなんと▲30兆円
②元気な会社は売上高経常利益率10%
 という驚異的な数字である。
③この様な会社は「リストラ」がないのである。
・・・・。

驚きですね。10%企業とは。最終利益額ですから。
そして、紹介された企業は、理念として「会社は、従業員のため
にある。」ということだそうだ。
一般的には、株主のためとかお客さんのためなんて多いですね。
『not CS、but ES』だそうです。

・誕生日に14000円を渡します。夫婦・恋人・友人と食事を
 して下さい。
・年1回、帰郷手当を支給して故郷に顔を見せて貰う
・1万円を支給して社内の同僚とランチして貰う
・・・

社員は、設備投資、材料で無い。切り捨てはしない。
社員満足度を上げることで新商品・新規プロジェクトのアイデアを
出して貰うということですね。

坂本教授が「流行を追って大きくなり衰退した会社はいくらでも
ある。 従業員を大事にしている会社で倒産した会社はほとんど
ありません。50年以上増収増益を続けている会社もあります。」

雇用確保は、会社の存続意義、経済の基本ですね。
コスト競争では無い、新たな価値の創設、それは地域住民
と消費者が「あの会社を潰して成るもんか」とのfan作りですね。

 坂本教授の生徒には、中小企業の社長さんが多いようです。
みなさん、65歳以上の高齢者・障害者の雇用を実践している
会社ばかりだそうです。32


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

生活費とキャシュフロー

 事業は、自分の夢を叶えるために行ないます。

夢には、いろいろあります。 高級車に乗りたい、
海外旅行に行きたい、子供に良い大学に入学して貰いたい・・・。 
単純に、今より楽な生活をしたいと思い事業を行なっている
事業者ばかりだと思います。

その夢をお金で評価して、目標にしたら事業計画になります。

しかも、今は、お金ですからキャシュフロー計画です。
ポイントは、生活費・所得税、住民税などの所得に掛かる税金を
差引き現実味のある計画を以下に作成するかですね。

・部門会計(教科書では本支店会計)を利用
・納税予定表の作成(税金も給与所得・事業所得・不動産所得
 ごとに按分しておく)
・借入れ明細書(物件ごと)
・自分以外のご意見番(税理士・コンサルタント・銀行員など)
 がいるとなおよいでしょう。

キャシュフロー計画ができあがると、修繕費等にかけられる金額
等も分かりますね。 ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

文化財の研修

 私の住んでいる町には、東日本でも最古となる古墳があります。
と、言ってもここ10年ぐらいで分かったようです。 先週土曜日、
この説明会に行ってきました。 静岡大学の教授の説明です。

子供の頃の遊びで「~基地」として隠れんぼなどした神社の裏山
にあるのです。 防空壕と思っていました。 

調査の精密さの説明を聞き、感心されました。

古墳は、お墓なので、全国にはいろいろのお墓があります。
九州、宮崎では洞窟のお墓があるそうで、よく、牛や人が落ちて
しまうことがあるそうで、レーザー地下探査装置を備えているそう
です。 高価なもので、最近の財政難のために、まずは、それで
当たりを付けようと、我が町の古墳もついでに調べて貰った
ようです。 予算が付けば、もっと詳しく分かるでしょうね。

 文化財保護法は、1949年の金閣寺の火災を教訓に
つくられたようです。 基本は、工事責任者、つまり、施主が
負担して調査が行なわれます。 この負担が大変です。

他人事ですと、興味津々ですが、いざ自分の物件ですと、工期の
問題・予算の問題で頭を抱えそうですね。

ここまで、バイクで5分も掛りません、古墳は高台にありますので
津波の時はここに避難するつもりです。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

なでしこジャパンのアウディ

 ゴルフの賞金、クイズの懸賞金などは、支払う方は、
「広告宣伝費」ですね。 では、戴く方はどうでしょうか? 

これは、所得税の「一時所得」扱いです。

そして、支払時に広告主は源泉徴収をする義務があります。

たとえば、Audiが300万円とすると
・評価額・・300万円×60%=180万円
・源泉税・・(180万円-50万円)×10%=13万円
 しかし、会社負担なので
  (193万円-50万円)×10%=14.3万円
・仕訳
 (広告宣伝費)314.3万円 /(他勘定振替)300万円
                   /(預り金)  14.3万円

しかし、Audiさんは気が利きます。レンタルで処理しますので、
毎年の経理と成り、たぶん年間50万円以下なので、なでしこ
には税金がかからないでしょうね。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

消耗品と減価償却資産

 消耗品と減価償却資産に成るかの判断は、税務上重要な
項目です。

10万円(税込み経理は消費税込み)未満は、
消耗品経理可能です。

20万円未満は、一括償却資産として3年償却

30万円未満は、青色法人と中小企業(資本金1億円以下)で
事業年度合計で300万円までは、必要経費算入。
ただし、平成24年3月まで。

以上は、基本ですが、建物を新規で建設や居抜き(スケルトン)
で取得した場合などは、蛍光灯などの消耗品は当初は
取得価額算入に成り建物付属設備(電気設備耐用年数は15年)
の取得価額に算入となりますので、個々の判断でなく一式になる
ことに注意が必要です。

取り替えはその都度一個ごと判断。

エアコンなども同様ですね。
ビルトインタイプは、建物付属設備で22KW以下13年、その他
15年ただし、取り外し可能タイプは一部屋ごとの判断で
消耗品費か減価償却資産の判定をし、器具備品で6年が可能
かと思います。

以外と仕訳が面倒ですね。

 これに、償却資産税の適用もありますので、たいへんです。 汗;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

納税資金

 今日も、決算の説明をしました。

電子申告により申告手続は、済ましてありますので、時間調整が
できますね。

最近は、お客さんの資金繰りも大変です。

 所得が赤字でも、法人住民税の均等割と消費税の納税は
あります。均等割は別として、消費税は国民からの預かり金です
ので滞納は企業倫理に反しますね・・。

しかし、現実にはお金に色は無いわけで、預かり消費税も自分の
お金として資金繰りに組み込まれている経営者が多いのが
現実です。 やむおえないこともあります。

 野田総理大臣になりました。彼は、現実派です。
消費税の10%は、直ぐそこですね。 やはり、毎月定期積立金で
概算納付額を積み立てておくことが無理ない納税の手助けに
なると思います。

 税務署の管理徴収では、納税相談が可能です。滞納だけは
銀行の与信の関係からも避けたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

台風と避難

 台風12号が日本に接近していますね。 準備が必要な位大きな
台風のようです。

先日、NYを襲ったハリケーン「アイリーン」はすさまじかったですね。
しかし、勢力は今回の12号も負けず劣らずです。

さて、日本でも避難命令が出るようでしょうか?
米国では、命令により犠牲者が少なくなったと言われていますから。

http://bit.ly/qp4wBw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »