« 南伊豆へドライブ | トップページ | 日本はまだ経済大国? »

2011年10月13日 (木)

減価償却の意義

 減価償却は、公正妥当の企業会計原則の費用配分の手続
一つです。 税法は、所得計算上の計算方法は、原則、この
会計原則に従って計算してくださいとしています。

また、減価償却は、将来の再投資資金の蓄積の機能ももって
いますので、本来は、その分内部留保しておくのがベストですね。

従って、税法では公平を期して、耐用年数を法定しているだけ
です。 もし、それより短いと思いましたら、耐用年数の短縮の
手続も合理的な理由があれば申請をすることは出来ます。

個人は、強制償却・・・経費に算入しなくても償却したとみなされる。
法人は、任意償却・・・当期はゼロ償却ということが可能。

しかし、金融機関には、注記事項として、当期償却限度額、
償却累計額、償却した場合の期末帳簿価額を記載する親切さは
必要となります。

また、税法では、政策的見地で特別償却・割増償却などの特例
規定を儲けています。 有利の場合は選択することですね。

また、税額控除などもあります。こちらが有利かもしれません。

|

« 南伊豆へドライブ | トップページ | 日本はまだ経済大国? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494243/42497203

この記事へのトラックバック一覧です: 減価償却の意義:

« 南伊豆へドライブ | トップページ | 日本はまだ経済大国? »